医師国家試験

「医師国家試験」に合格し医師となった方はその後すぐさまに医師として活躍できるのでしょうか。
まず、医学部六年目がポイントです。この時点で卒業資格を満たしていなければ「医師国家試験」を受験することはできません。文学部や工学部など一般企業に就職をされる方は内定をもらっているのに卒業ができなかったという実例はあります。しかし医学部においては医師国家試験には合格したけど医学部を卒業できなかったと言う結末になることはありません。
しかしこの「医師国家試験」には合格し医師になった方がすぐに現場で医師として活躍できるのでしょうか。それは不可能です。
ほぼ全員例外なく、「医学の勉強をしてきただけの人」にすぎないのです。現場を全く経験してなく人の命を預かることなどできません。
この医師国家試験に合格した人は「医師国家試験」に合格し医者の資格を与えられたというだけにすぎず医療行為の実務経験は皆無な人たちです。
そこで
医師の場合、研修医と言い、医師国家試験合格後、二年間の研修が義務付けられています。
現代は、数か月ずつ、外科・内科などの各科を転々として研修を受けます。これをスーパーローテーションと言います。