会社では確定申告時に所得を申告し、税金を支払うことになります。

税金はその会社の黒字額が多ければその分支払う額が多くなります。そこで多くの法人は税金対策をするわけです。その一つが生命保険への加入なのです。生命保険に加入して、保険金を支払うことで、黒字の額が減らせるのです。ですからその分、かかる税金が少なくなるのです。これが生命保険での節税対策です。しかし、保険というものは、何年かすると満期を迎えることになります。その時には、解約返戻金を受け取ることになります。生命保険から対象の保障額が支払われた場合は少なくなりますが、解約返戻し金は通常、法人の保険への掛け金の額から言っても、相当額が戻ってくることでしょう。この金額が実は、利益としてみなされるのです。そうなると、その期の黒字は増えることになり、税金もその分かかってきます。これでは税金対策にはなりませんね。そこで、満期を迎える年には、出来る限り黒字を減らす努力が必要になるのです。返戻金を受け取る年を赤字が出る年に充てる為、とられる方法として、役員の退職金を経費として出す時期に充てて利益を減らして赤字にする方法があります。役員退職金は高額なために、役員退職金を出したら利益から差し引かれるので利益が減ります。
そのタイミングで解約返戻金をプラスするのです。そうすることで、利益を例年と変わらなくする事ができ、節税をする事が出来るのです。払うべき税金を繰り延べると言う節税方法です。節税効果を生み出す為に、どこかの期で赤字を出すのです。生命保険での節税では、保険加入時にしっかりと計画して、実行していくことが必要なのです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)