乳がん検診

今日は乳がん検診です。
市から1年おきに無料検診の受診表が送られてくるので、今日はそれを使って検診を受けに行きました。
やはり、知り合いの方も20代で乳がんになった方がいたりしたので…ちょっと怖いけどきちんと検診を受けたほうが良いと思います。
自分だけじゃなく、家族や子供の為にも健康でいることは大切なことだと思います。

で、バスと電車を乗り継ぎやってきたのは乳がんの専門医のいらっしゃるクリニック。
検診はマンモグラフィーとエコー検査と両方行います。
受付を済ませてしばらく待っていると名前を呼ばれます。
まずはマンモグラフィーから。上半身裸になって胸を板のようなもので挟み、レントゲンを撮るのです。
技師は女性の方でした。
やはり、女性の方のほうがちょっと安心です。上半身裸だし、レントゲンを撮る時腕をちょっと上げなくちゃいけなかったので。
脇のお手入れは、2、3日前にお風呂で処理した位だけど、レントゲンとエコーで、胸だけだし…と思ってちょっと甘く見てたかな。
でも、まあ、完全に腕を上げるわけでもないしそんなに脇も気にならず終了しました。
お次はエコーです。
まずは先程のマンモグラフィーのレントゲン撮影の映像を乳がん専門医の先生がチェック。
そして、胸にゼリーのような液を付けてエコーでしこりなどがないか丁寧に診てくれます。
「はい、じゃあ左腕を上げて」と先生。
「え!?脇?マズイ」顔面蒼白になる私。
ここで「イヤです」とは言えずに、仕方なくおずおずと手を上にあげる私。
「脇の下のリンパのほうもチェックしますからね~」
そうだったんだ…エコーは脇の下のほうも診るんだ…気付いたが、時すでに遅し。
段々顔が赤くなっていくのが自分でも分かります。
先生や看護師さん達は脇のムダ毛など何も見えない・気付いていないかのように淡々と作業を進めていきます。
「はい、次は右腕ね~」
もしかしたら、患者さんの脇のムダ毛なんて毎日の検査で見慣れているのかもしれませんが、見られている私は本当に恥ずかしかったです。
検査終了後、先生の顔をまともに見られないくらい。
顔から火を噴くってこういうことを言うのね…などと頭の片隅で考えながら、先生が検査の結果や日々の注意点など色々お話しされている事を聞いていましたが、そのお話もほとんど右から左の耳へ通り抜けてしまいました。

こんな時のために、独身の自分のお金が自由に使えるうちに永久脱毛しておくべきだった!!などと後悔しても遅い!
腕や足のムダ毛ならまだしも、脇だけは…いつ見られても大丈夫なようにしておかなければならないと心の中で誓った日でした。

大阪 脱毛

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)